読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転妻シソ子の妊婦日記

不妊治療を経て妊婦になりました

男性目線からの「育休」

アイテム

前回の弱音ブログに心強いコメントありがとうございます。

心弱ってたから超うれしかったよ…考えすぎずに過ごそうっと。

 

 

最近図書館で借りた本がGOODだったのでご紹介します。

 

定期的に図書館に行って妊娠出産含む、いろんな情報を仕入れています。

たまごクラブもそこで読む。(雑誌は極力買わない)

 

唐突に妙な本を借りるので

夫に「?」って顔されるよ! 

大人の探検 奇祭

大人の探検 奇祭

 

 子どもが大人に大根を投げつけるお祭り!がグッときました。

文章が著者と編集者の会話形式なので、知識ゼロでも読みやすかったです〜。

 

さて本題

育児コーナーでふと目に入ったコレ

男が育休を取ってわかったこと

男が育休を取ってわかったこと

 

 

夫もありがたいことに育休を取得できそうな時だったので

「男性目線での育休」を知りたく、読んでみました。

 

女性は妊娠・出産・育児で仕事を休むことが許容されてきてますが

男性が育児で仕事を休むことってどうなんだろう、と思っていたのです。

 

ネットで調べると出世コースが絶たれてしまったとか、上司からの信頼を失ったとか

ハラスメントともいえるケースが出てきました。

 

この著者は、総合病院内の皮膚科医という特殊といえば特殊なお仕事ですが

奥様の仕事復帰と入れ替えに、半年間の育児休暇を取得されたそうです。

上司が理解あるナイスな方で、同僚にも患者さんにも渋い顔をされたりもしたが取れた、と。結局は本人の意志によるところも大きいんだろうなあ。

育児介護休業法改正案が施行された翌年のこと。

今から7年も前のことですが、男性の育休はまだまだ身近ではないですよね。

 

しかも奥様はお仕事ということは、お子さんを一人で見ていた、と。

そんじょそこらの休日限定イクメンとはワケが違うぜ。。

 

男脳での育児

女脳は感情的すぎるとかよく聞きますので、男性の冷静な視点での子育て本としても興味深かったです

やっぱり大変なものは大変だよね。 

泣き止まない娘さんを相手に苛立ちが爆発した日、その後の深い後悔が印象的でした。

やっぱり大変なものは大変(ry

 

想像の何倍も大変だということ

育児に関心のない男性にこそ読んでほしい。

思い描いた育児の日々と、リアルな日々が描かれています。「女はすぐ大げさに言うからな〜〜」なんて思ってる人こそ、読んでほしい!!

経験したからこそ、奥様への気遣いができるようになった点なども。いやあ、いい旦那だなあ。うちのも負けないけどな(小声)

 

日本人はお風呂に入りすぎ!?

皮膚科医である著者ならではの、ベビースキンケアの項目も充実してました。

私自身アトピー持ちで、長らく湿疹と付き合っているので

いちばん心配なのは我が子のオハダ。

 

洗いすぎ、清潔にしすぎで起こる肌荒れもあるそうです。

ベビーソープで湿疹が悪化することがある、毎日お風呂に入れなくても良い、というのが目からウロコでした。

 

ケースバイケースだと思うので、

ここでの情報を鵜呑みにしすぎず、詳しくは本でぜひ一読してみて下さい。 

 

ドライテクニックについても初めて知りました!

iku-share.jp

ほ〜こんなのもあるんだねえ(・o・)

 

 

夫は熱心に読んで

「あ〜半年くらい育休取りたいなあ〜〜〜〜」と申しておりました。

 

他の妊婦さんのブログはコチラ↓

 にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へにほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ  

つぶやいてます↓

 

広告を非表示にする